スピとみにまるな日常

独身アラサー、年収は以前の半分に。小さな1Kへ引っ越し、ミニマムな暮らしを始めました。

ミニマリスト増殖中。

一昨日は会社の歓迎会で、異動後初めましての飲み会だったんですけど、新任の男性店長がミニマリストだということが判明!

性格とか考え方が通じるものあるな〜とは思っていましたが、やはりそっち系の方でした。笑

そしてメンバーの中でもう一人、ミニマリストに興味があって、いま絶賛断捨離中だという女子を発見。

 

わーいこんな身近に仲間がいっぱいヾ(´ω`=´ω`)ノ 

 

店長とは普段どんなことに熱意を傾けているか盛り上がり(笑)、ミニマリスト志望の彼女には「女子だから流行の服は揃えたいけど、そこの折り合いどうしてますか?」って聞かれまして。

わたしは季節ごとに一定数新調しながら、3パターン化してることをレクチャーしました(●・ω・)/

靴も3つ、バックも3つ、アクセも3種類。

持ってる服の数は以前に比べて断然少ないんですけれど、全員がスタメンなので、着るもの(はあるけど着たいもの)がない!って感覚はまったくないです。

むしろ余計なものを持たないことによって、毎シーズン気持ちよく新しいお洋服を迎えられていいのです( ^ω^ )

 

最近長年愛用してる部屋着のボトムスがズルズル下がってきて、紐の部分を結んでもずり落ちるので(たぶんゴムが伸びたのと痩せたせい)、冬用に1着新調することにしました。

ニットも欲しいしブーツも欲しいし…来月の被服費がすでに高額の予感!笑

晩秋のワードローブ

こんばんは。

この一、二週間で一気に寒くなりましたねー。ここいら北国はコートなしでは歩けなくなってきました。

とある日の夜の気温、4℃ (((゚Д゚)))ガタガタ

そろそろ徒歩通勤が辛い季節ですね…( ;∀;)

 

秋物は9月中に買ってそろえてしまったので、現在のワードローブはかなり固定化されているんですが、実際使ってみたら案外出番が少なかったり襟元のよれなどが気になったりと、そろそろ手放しの時期に来ているものが何着かありました。

通年着られない色味・薄さ・長さのものってどうしても活躍度が低いことを改めて実感。長袖、無彩色最強説。

というわけで、以下の子たちは今季で引退してもらうことにしました。

 

透けブラウス(モスグリーン)

f:id:ha2catnyan2:20191018021126j:image

色味が深過ぎて秋にしか出せない。そのくせ薄手なので晩夏に2、3度登場するだけなのが使い勝手悪すぎる。

 

②ハイネック半袖ニット

f:id:ha2catnyan2:20191018021131j:image

半袖なのにニットでハイネック。晩夏は襟やニット素材が暑いし、初秋は袖がなくて寒い。

着ると季節感が出てサマになるけど朝晩冷える北国には難しい。

 

③黒のVネックセーター

何のボトムスとも合わせられるし何のインナーでも合うから、着倒しすぎて襟がのびのびに。

よく考えたら買ってから10年くらい経ってた。3千円で100回くらい着たんじゃないか。(コスパやば過ぎw)長年お疲れ様でした。

 

【晩秋のワードローブ】

アウター(とろみトレンチ、ライダースJK、2WAYコート

ボトムス(ハイウエストデニム、スキニー、プリーツSK、チェックSK)

トップス(パーカー、ざっくりカーデ、ハイゲージニット、ローゲージニット)

インナー(シャツブラウス、カットソー、タートルネック

ワンピ(ジャンパースカート)

靴(スニーカー、ローファー、ブーツ

バッグ(トート、ボストン、ショルダー)

 

晩秋〜初冬にかけての新顔は、以前から買う買う言ってるタートルネックとブーツを探しています。欲を言えば寒さをしのぐレギンスとマフラーが欲しい!

冬物って夏物と違って、高いから一気に揃えられないんだよな〜。

それらは来月の予算で買う予定なので、お願いもうちょっと過ごしやすい気候のままでいてー!w

真相

明日も仕事なのに、こんな時間まで寝てないわたし。死亡確実(´・_・`) ※AM3:30

 

一連の出来事の背景がわかりましたよー。

やっぱり持病の悪化が原因でした。精神状態の悪さはね、もちろん症状のひとつなんですけど。

先日の検診で、もう効く薬がなくて、お医者さんに打つ手なしって言われたそうです。

今の重篤な症状とずっと付き合っていくか、アナフィラキシー起こした薬を微量投与してみるか、手術で声帯ごと摘出するか。

摘出の話は去年も出ていたんですけど、一時は薬が効いたので先延ばしにされたんですよ。でも、使える薬に耐性が出来て効かなくなってしまって、おまけに違う病気を併発してる始末。

人口声帯っていうのがあるらしいんですが、未認可の保険適用外で250万するんですって( ☉ω☉)

だからお金お金言ってたんですねー。合点。

 

って、そういうこと先に言わないからいつも事件勃発するんじゃん(´Д` )

素直に弱音吐けばいいのに、そういうところが意固地。困ったちゃんですねぇまったく( •́ㅿ•̀ )

 

彼は会社勤めよりフリーでライターとか自営業が向いてるとわたしは思いますけどね。二人でつつましく暮らしていれば、生活していけなくはないと思いますけど。

切っても一生薬を飲まないといけませんし、何より若い頃はバンドのボーカルやライブハウスでギター演奏してた彼から、歌を取り上げるのは残酷な話。

 

この先どのような経過を辿るのかはわかりませんが、これも彼の定めた学びなのでしょう。

願わくば、早くその真理に気づきますように。

回復

こんばちは!

前回の記事から完全にフェードアウトしていたわたしです。購読してるブログの記事が溜まっておる〜〜

ショッキングな出来事に放心して、しばし内省と現実逃避をしておりました。

 

何してたかって言うとね、中学時代の友人と飲みの約束をしていたので気乗りがしないけど台風の中ちゃんと行って、あとは江原さんのラジオにたどり着いて時間の許すかぎりずーっとYouTubeで聴いてました←

上の人に、ヒントくれ!ヒント!って訴えながら目に止まるものを片っぱしから探してたんですよ。

イマイチこれか!ってものにたどり着かなかったのですが、むしろ平常心が戻ってきた感じです。あら、案外あっさり。

 

あの時はすごい勢いで爆発してたので、また過去のように土地を離れて何年も待たないといけないのかとか、お金の目処がつかないので副業するかよろしくない方法で稼がないといけないかもとか、実家に戻るかとか結構真剣に今後について考えてたんですよねー。

そもそも、この人に対して一生かけようと思ってきたのは間違いだったのかと己の人生すら否定しちゃって。

繰り返しても繰り返しても進まないのは、この人に向き合うのは無理だから、そろそろ方向転換しろって意味なのかなとか。

 

そうしてぐるぐる悩むこと数日、どういう心境になったかと言うと。

怒ってる人の心理を分析してみたんですね。

最近仕事でストレス溜まってたみたいだし、イライラしてたんやろなと。持病再発でわずかな自己肯定感すら底尽きてたんだろなと。わたしが踏んだ地雷が爆発して引っ込みつかなくなったんだろなと。

たぶん、頭冷やして落ち着いたら、あーあってなるやつだろうと。笑

でもあの性格上、啖呵切った手前絶っっっ対自分から撤回したり折れたりしない。

 

そうだとすると、こちらがムキになって意地張ると逆効果なので、そのうちほとぼりが冷めるだろうと放っておくのがいいかもしれん。って考え方になりました。

自分も感情が落ち着くと、さして慌ててないことに気づいたんです。大して堪えてないなと。笑

ということは、人生の方向性を考え直すほどのことじゃないってことです。(全く懲りてない←

 

薄々そう気付き始めた昨夜、ふつーに電話かかってきました。いつも思うけど、結論に至ると次のアクション来るのはやいww

極寒のなか薄着で出かけたらしく、「合鍵返す」という名目のもとお迎えに行きましたよ。優しいわたし←

少しはツンケンしてるかと思いきや、柔和な態度になってました。ほーらね、やっぱりね。そうだと思ったよ。

まぁこれでなかったことに、チャンチャン♪ とはならないはずなので、彼から突きつけられた条件をどうするか考え中ですー。まともに聞くつもりはないけど、このまま知らんぷりして放っておいても再炎上する。たぶん。

 

自分で選んだ相手なんだけど、つくづく…

「めんどくさッ( ´゚Д゚)(※今回の地雷発言)

って気持ちになります。←

再び

順調に修復してるかと思っていた関係に、再び亀裂が入ることになってしまいました。

もう何度目かわからない、彼からの絶縁話。

 

正直疲れました。

こんなにも価値観の異なる人間が、お互いに擦り合わせていけないのであれば一緒に生きることなど出来るはずがありません。

 

わたしは頑なな彼に、人を許すこと、受け入れることを知ってほしいと思っていて。

彼はわたしに、どこまでも傷つけ怒らせた責任を求める。

 

10年の間にあったことは、

精神的な支えや金銭の援助、自分の人生を選択してきた理由も含めて、口喧嘩でなかったことに出来る話ではありません。

それをいとも簡単にすべてなかったことにすると。

もう何回繰り返したことだろう。

 

わたしが誠心誠意、身を振り乱して尽くせば、彼は納得するでしょう。そう差し向けたのですから。

でもわたしはそういう生き方は違うと思うし、いつまでもそういう関係を求める彼を残念だと思わざるを得ない。

 

また、わたしは彼を捨てなくてはいけません。

何回人生をリセットさせたら、わたしたちは次は進むのか。どこへ向かっているのかわからなくなりました。